栗の渋皮煮

b0200849_18373448.jpg

この時期になると食べたくなるのが栗。渋皮煮を作ってみました。
ただ、食べたいだけでなく、あるものに使いたいので…
また、後日、ブログでアップします。

以前は、栗の鬼皮を剥く時に包丁を使っていたのですが、結構大変なんですよね。
でも、このところこんな道具を使ってます。

「栗くり坊主」

ネーミングが可愛い~。ネーミング通り、鬼皮・渋皮もしっかり剥けて、いい働きをしてくれます。これで、鬼皮剥きもストレスフリー。ただ、渋皮煮の時は、渋皮を傷つけないよう、力が入りすぎないよう慎重に…

レシピは、飛田和緒さんの「私の保存食手帖」
1粒食べた時の旬のおいしさ。幸せを感じるひと時です。
[PR]

by mirone3 | 2010-10-14 18:46 | 保存食 | Comments(2)

Commented by chikap11 at 2010-10-14 22:58
mironeちゃん、こんばんは^^
つやっつやでおいしそう~~~~!!
季節のものってやっぱりいいよね^^
自分の好きな味にできるし・・・
飛田さんの「私の保存食手帖」見てるだけでも楽しめて、
好きな本のひとつ^^
栗、何になったのかな??
楽しみにしてまーす^^
Commented by mirone3 at 2010-10-15 09:05
chikapちゃん、おはよ。
いつもコメントありがとう。
季節感がなくなってきているから、食べ物で季節を感じようと思って…(食いしん坊の考え)
手間は、かかるけれど、自分の味に出来るのは、嬉しいね♪
飛田さんのらっきょうや梅シロップもこのレシピで作ってるよ。
ありがとう。また、楽しみにしていてね~♪