デンマーク&フィンランド旅行 ①

8月8日~15日まで、友人とデンマーク&フィンランドに旅行に行ってきました。
そもそも、Hちゃんがフィンランドのヘルシンキに住んでいるので、
みんなで会いに行こうとこの旅行が計画されました。
3人で成田からヘルシンキのヴァンタ-空港へ、Hちゃんと待ち合わせ、
そこで乗り継いで、コペンハーゲンへ向けて出発。

1日目。
移動で、ぐったり。ホテルについて、Hちゃんがこしらえてくれた
おにぎりとインスタントみそ汁で夕食を済ます。美味しかった~♪
ホテルのミネラルウォーターの値段が高く、外に買いに行くことに。
横断歩道を渡っている最中、突然信号が赤になり、車は、全くスピードを落とさず、
ひかれそうになる。怖かった~。緊張感を持たないと。
おまけにいきなりの雨で、ズブ濡れ。晴れ女のはずが・・・
初日早々、海外の洗礼を受ける。
明日は、何事もありませんようにと思いつつ、就寝。





2日目。
お城を巡りをしようということで、クロンボー城、フレデリクスボー城へ。
クロンボー城は、デンマーク国鉄の長距離列車でヘルシンオアという駅で降りる。
行き先を間違えて、逆方向の列車にのってしまい、このまま乗っていると、
スウェーデンに行ってしまう。Mちゃん、Hちゃんが気づいてくれた。
パスポートもないし、まずいということで慌ててコペンハーゲン中央駅に戻り、振り出し。

b0200849_1515387.jpg

やっとヘルシンオアに到着。
歩いて、クロンボー城へ。曇り空で、寒かった~。

世界遺産でシェイクスピアの「ハムレット」の舞台になったお城。
お城の敷地内では、兵隊の声、馬の蹄の音など効果音が使用されていて、
この効果音は、どうなの?とあまり効果がないような。

外側には、お堀があって、海側には、大砲がありました。
地下牢は、かなり暗いので、懐中電灯が売られていたほど。
薄気味悪い感じで、写真は、撮りませんでした。
後日談で、霊感のある人は、感じるらしいです。4人とも、全く感じず。良かった~。
b0200849_15164819.jpg

翌週から、「ハムレット」の舞台があるらしく、準備をしてました。
観てみたかったな。

ランチをして、次のお城、フレデリクスボー城へ。
停まっていた電車に乗ろうとしたら、ヒレロズ駅まで、1時間半かかると言われ、
そのまま乗ってしまったら、間に合わない。
後発の電車では、約30分で着くと言うので、それで向かうことにした。
ヒレロズ駅からバスを乗るにも同じ系統のバスが2台停まっていて、乗り込もうとしたら、もう1台の方に乗ってと言われ、デンマークは、いろいろ交通機関ややこしい。

お城についたのは、16時30分。17時閉場なので、慌てて中の展示物を見る。
フレデリスクボー城も世界遺産で、デンマークの貴重な装飾品、絵画、宝物など展示。
b0200849_15222979.jpg

先ほど、クロンボー城に時間を掛け過ぎたのが、悔やまれる。
とても華やかで、見ていても楽しくなる。
b0200849_15261993.jpg

b0200849_15243895.jpg

b0200849_152847.jpg

フランスの造園を見習って作られた庭園が見事で、ただ、散歩するだけで気持ちがいい。

庭園は、21時までなので、のんびり写真を撮ったり、散策して満喫。
お天気も青空が見えて、太陽が出ると、緑がとてもきれい。
ジョギングしている人が多く、こんなに素敵なところだったら、走りたーい。
「お茶でもしようか?」とカフェに向かうが、あらら、17時で閉店。
そろそろ帰ろうかと駅に向かうのにバスがちょうど行ってしまい、歩いてヒレロズ駅へ。

その時は、19時を回っていた。外は、明るくて、時間の感覚が全く、
ヒレロズ駅は、とっても閑散としていた。
時刻表を見て、電車の到着を待っていたら、電車が来ない。
よくよく時刻表を見たら、18時台で、終電は、終わっている。ひょえ~。

駅で佇んでいるご夫婦に聞いてみるとやはり、電車は、終わっていて、
バスで、コペンハーゲンまで、戻らないとと言われた。
バス乗り場へ行くと、同じような人たちが・・・
停まっていたバスも故障していたらしく、乗り込めない。
すぐに次のバスが来て、やさしいマダムが、親切に教えてくれた。
「バスを2回ほど乗り継いで、電車があるところまで行きなさいと。」
バスに乗っている最中も再度、声をかけてくれて、最近の状況が変わったことを
思い出してくださって、どうやら、このバスで終点まで行って、そこから電車に乗れるらしい。
優しいマダム、親切にありがとう。
バスの到着する駅をひと駅ずつ確認しながら、終点のLyngby駅まで行き、
そこから、電車に乗り換えて、コペンハーゲン中央駅に戻ってきた。

みんな、コペンハーゲンまで、無事戻ってこれて、ほんと安心した&ぐったり。
コペンハーゲンカードも使えたので、ほんと良かった。

そこから、チボリ公園へ。公園の雰囲気を楽しみながら、どこで夕食をとるか?
お店を探す。
園内は、生バンドが演奏していたり、絶叫マシーンがあり、そんな中で、
探したのが、イタリアン。

店頭で、メニューを見て、店内に通されるのを待っていると、
お店からおじさんがものすごい勢いで、外に飛び出してきて、
お店の方もそのおじさんを追っていたので、
「食い逃げ?」と思いきや、そのおじさんは、どうやらお財布を
すられたらしく、犯人を追っていたのです。

Hちゃんは、顔を隠して、新聞紙の下に何かを隠している不審な子供を見かけたそうで、
多分その子が犯人かもね。と話していました。

店内が騒然としているところに私達は、席に通され、たくさん席が空いている中で、
そのスリに会ったおじさんファミリーの隣の席に通された。
なにも、隣に通さなくてもね。
まさか、スリ現場に遭遇するとは。自分たちも気をつけないと・・・

この日は、朝からアクシデントがあり、試された日?(何を?)でありました。
でも、ほんと無事に帰ってこれて良かったのと、きっと1人では、どうにもならず、
4人で乗り越えて、良かった~。2日目にして、珍道中でした。


旅の続きは、また報告しまーす。
[PR]

by mirone3 | 2010-08-24 15:37 | 旅行 | Comments(0)